早瀬ゃょぃのRec.の様子
sin光臨天使エンシェル・レナFD
Beatniks-Shop
2005年4月1日掲載
新作ガイド
愛と狂気が錯綜する、本格派和風サイコミステリー! 『カルタグラ 〜ツキ狂イノ病〜』4月28日発売!

 新ブランドのInnocent Greyは、デビュー作として和風サイコミステリィAVG『カルタグラ 〜ツキ狂イノ病〜』を4月28日に発売する。
 本作は、レトロな雰囲気が漂う昭和初期の東京を舞台に、主人公たちが猟奇的な殺人事件に巻き込まれていくというサイコミステリー。原画は杉菜 水姫氏、シナリオは飯田 和彦氏が担当している。

 戦後から六年が経過した昭和二十六年二月の東京。世間は「上野連続バラバラ殺人事件」という類を見ない猟奇的事件に戦々恐々としていた。
 警察官を退職し探偵業を営む主人公・高城 秋五は、ある日、警視庁時代の上司から良家息女の失踪事件の捜査を依頼される。その失踪した女性とは、かつて秋五が交際していた上月 由良の事だった。複雑な心境で捜査を開始した秋五は、やがてこの2つの事件が複雑に交錯している事に気付き……。

▲ 失踪した元恋人・由良と瓜二つの顔を持つ双子の妹・和菜。複雑な想いを胸に、主人公は調査を開始するが……。
▲ 遊郭「雪白」で下働きをしている初音。主人公によく懐き、自ら進んで身の回りの世話をしてくれる健気な女の子だ。

 本作に登場するヒロインは、
 失踪した由良の妹で舞台女優を目指す活発な女の子・上月 和菜(こうづき かずな CV:秋城 柚月)、主人公が間借りしている遊郭「雪白」で下働きをしている少女・初音(はつね CV:雅姫乃)、主人公の妹で破天荒な天才少女・高城 七七(たかしろ なな CV:一色 ヒカル)、上野界隈を拠点とする組織「死の腕」の女幹部・蒼木 冬史(あおき とうじ CV:森井 花音)、遊郭「雪白」の経営者・雨雀(うじゃく CV:奥田 香織)など、他にも多数のヒロインが登場して物語を盛り上げてくれるぞ。

 本作は、レトロで幻想的な和風の世界観を基調に、狂おしいまでの男女の激情を描いた作品だ。タイトルの「カルタグラ」とは中世の悪魔学者レギナルド・スコットが「煉獄」の代わりに使用した言葉で“魂の苦悩”の意味。狂気にも似た男女の恋愛劇を描いたストーリーはドラマ性が高く、そのタイトルに偽りなし!
 他にも場面を動的に演出する「カットインフィルムシステム」やシナリオの幕間に挿入される犯人視点のシナリオなど、演出面も強化されているので臨場感バッチリだ。

▲ エキセントリックな言動を繰り返す天才少女・七七。兄の主人公の心配をよそに、独自に事件の調査を始めてしまう。

 Innocent Greyの公式サイトでは、体験版やデモムービーがダウンロードできるほか、本作の魅力がたっぷり詰まった「プレビュー本」のデータも公開中。ストーリー紹介はもちろんキャラクター紹介や舞台説明など詳細な資料が満載なので、ぜひご一読あれ。(文責:高瀬/編集:大島)

【タイトル】カルタグラ 〜ツキ狂イノ病〜
【ブランド】Innocent Grey
【ジャンル】和風サイコミステリィAVG
【発売日】2005年4月28日
【税込価格】9,240円(本体価格8,800円)
【メディア】DVD-ROM
【対応OS】Windows 98SE/Me/2000/XP
【備考】初回特典:豪華イラスト・設定資料集
 
■関連情報
http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/(Innocent Grey 公式サイト)