2012年6月11日掲載
新作ガイド
大作AVG『電激ストライカー』に、様々な新要素を追加するアペンド版が登場! 『超電激ストライカー』7月27日発売!

 OVERDRIVEは、魂帯電 劇場型(シネマティック)AVG『超電激ストライカー』のダウンロード販売を7月27日から開始する。
 本作は、OVERDRIVEの5周年記念タイトルとして2011年6月に発売された大作AVG『電激ストライカー』に、様々な新要素を追加するアペンド版。さらに、ゲーム本編とアペンド版の内容を一つにまとめたパッケージ版も同時発売される。

 『電激ストライカー』は、古き良き変身ヒーロー活劇をOVERDRIVEならではの斬新な切り口で描く、壮大な熱血バトルストーリー。
 日本侵略を企む謎の組織「バルボラ帝国」と、それを阻止せんとする「ストライカー」の対立を軸に、血沸き肉躍る戦闘シーンやミステリアスな人間ドラマを描いた、重厚で爽快感溢れる物語が本作の魅力だ。
 さらに、戦闘シーンの画面効果や、随所に挿入される高品質のアニメーションパートなど、劇中を盛り上げる数々の演出面も見どころの一つ。OVERDRIVEのゲーム作りに対するこれらのこだわりが結実し、非常に完成度の高い作品に仕上がっている。

▲ 新規ルート「愛の章」では、バルボラ帝国の少尉・ヒルコにスポットを当てた物語が展開。本編では描かれなかった意外な一面が明らかになるかも!?
▲ 新規ルート「鋼の章」に登場する新キャラクター・クリエ。階級こそ中佐だが、先遣隊のリーダー・ミラー大佐にも引けをとらない戦闘能力を持つ強化人間だ。
 注目の新要素・追加要素は以下の通り。

【新要素】
 ・新規ルート
 ・新規登場キャラクター
 ・新規アニメーション
 ・新規オープニング/エンディング曲

【追加要素】
 ・追加イベントCG
 ・追加立ち絵
 ・戦闘演出の強化

 新規ルートは、「愛の章」「鋼の章」「光の章」の3本で、それに伴いバルボラ帝国の中佐・クリエをはじめとする新キャラクターが登場する。
 また、既存ルートも戦闘演出の強化、イベントCGの追加、アニメーションパートの追加など、様々な面でパワーアップを果たしているぞ。
 さらに、オープニング主題歌を変更すると共に、新規ルート向けに専用のエンディング曲を用意。新主題歌を歌うのは「アニソン界の若獅子」こと遠藤正明さんで、ハイトーンボイスが魅力の歌姫・AiRIさんと、ミラー役として出演している声優・緒方恵美さんらもボーカリストとしてほかの劇中歌を担当している。
 御三方の熱い歌声は、ファンでなくとも魂を揺さぶられること間違いなしだ。

▲ 新規ルートで新たな活躍を見せてくれるバルボラ帝国のスパイ・風見 リン。追加されたイベントCGの中には、エッチシーンもふんだんに用意されているぞ。

 OVERDRIVEの公式サイトでは、近日中にダウンロード販売の方法や販売サイトを公開予定。またプロモーションムービーをはじめ、アニメーションパートのデモムービーや新キャラクターの紹介なども公開中なので要チェックだ。
 さらに、新規ボーカル曲を収録したCD『超電激ストライカー・ボーカルミニアルバム(仮題)』が本作と同日の7月27日に発売予定となっているので、ファンはこちらも見逃すな!(文責:高瀬/編集:大島)

《メーカーコメント》
広報:pikoさん
「昨年発売した『電激ストライカー』にいただいたご要望やご意見を元に、作中に登場する「ストライカーユニット」みたく、追加ルートを作ろう! それじゃあ初めての方向けにフル版も用意しようぜ!……という話になり、FDではなく『超電激ストライカー』としてアペンド版と全編版を同時リリースすることにしました。
なので、新作ではなく「パワーアップ版」という感じですね。
前作プレイ済の方はもちろんのこと、初めての方にも楽しんでもらえると自信を持ってお届けするソフトです。ぜひプレイしてね!」
【タイトル】超電激ストライカー(パッケージ版)
【ブランド】OVERDRIVE
【ジャンル】魂帯電 劇場型(シネマティック)AVG
【発売日】2012年7月27日
【税込価格】6,960円
【メディア】DVD-ROM
【対応OS】Windows XP/Vista/7
【備考】
 
■関連情報
http://www.over-drive.jp/(OVERDRIVE 公式サイト)

■関連記事
『電激ストライカー』特集ページ